株式会社設立

株式会社とは

株式会社とは、株式を発行して、お金を集め(資本金)、そのお金をもとに事業を行います。事業の利益は、出資した「株主」に対して「配当」という形で支払ったり、より多くの利益をだすために設備の投資をしたりします。
 なお、「有限会社」については、現在の会社法の規定上、「株式会社」と同じような扱いになります。

 株式会社にも他の法人(合同会社・合資会社・合名会社)と比べてメリットとデメリットがあります。

株式会社のメリット


①対外的・社会的信用を得やすい
株式会社は他の法人(合同会社・合資会社・合名会社)よりも知名度が高いため、一般的に、対外的・社会的信用を得やすいと言われています。

②万が一の時も有限責任で済む
株式会社・合同会社は、合資会社・合名会社と違い、責任の範囲が出資した範囲になります(有限責任といいます)。
 よって、万が一、事業が破綻してしまったときに代表者の責任範囲が「無限」ではなく「有限」になることが大きなメリットになります。
 実際のところ、金融機関から融資を受ける際には、会社の代表者が個人で連帯保証人となるので、融資された金額についてはほぼ「無限責任」になってしまいますが、日常の取引などでは代表者個人が保証人になるようなことはあまりないため、万が一破綻しても、責任の範囲は出資額の範囲内で済みます。
 よって、株式会社で事業を行っていれば、仮にあなたが事業破綻したとしても、個人事業で事業を行っているのと比べれば、危険性はかなり回避することが可能になります。

株式を発行すれば一般の人達から資金調達ができる
 設立したばかりの小さな会社では、銀行からの大きな額の融資は困難です。しかし、株式会社であれば株式を発行することにより、一般の人達から資金調達ができます。株式会社の場合、「資本金の出資者=役員」ではありませんので、合同会社や合資会社に比べてより多くの人から資金を集めることも可能です。株式発行による資金調達は株式会社だけに認められた大きなメリットです。

株式会社のデメリット


合同会社と比べてと会社設立費用が高い
株式会社は公証役場での定款認証費用が発生しますが、合同会社は公証役場での定款認証が必要ありませんので、定款認証費用が発生しません。また、法務局への登録免許税も株式会社設立よりも合同会社設立の方が低額になっています。

②合同会社に比べて経営上の事務作業が多い
事務作業も合同会社のほうがカンタンです。まず、合同会社では株主総会の必要もありません。更に、決算公告義務がありません。また、合同会社の役員には任期がありません。(株式会社は役員の任期が切れる度に役員変更登記が必要です。)

手続きの流れ

 

お客様にご準備いただく書類


■ ご依頼者様(代表者となる方)のご本人様確認のできる公的資料(運転免許証等)
■ 発起人の実印、印鑑証明書 各1通
■ 取締役・代表取締役の実印、印鑑証明書 各1通
■ 会社実印

料金